残業代の未払い請求ガイド

残業代請求の体験談 - 残業代の未払い請求ガイド

残業代の未払い請求ガイド > 残業代請求の体験談

残業代請求の体験談

残業代請求を個人で起こした人の体験談をご紹介します。

残業代が支払われないまま1年が経過し、未払い分が50万円近くに上ってしまったという方が弁護士に相談しました。
残業未払いの訴えを起こそうとしたときに、必要だと言われたのは時間外勤務をしていたと証明できる証拠でした。
まず、労働時間の取り決めが書かれた雇用契約書が必要だと言われました。
これは、残業代の計算上、会社の定める労働時間を知るために必要なのでした。

労働時間が会社によって定められているため、労働基準法の法定労働時間よりも少ない労働時間ならば割り増し賃金が発生しません。
このため、正しい計算をするためにも雇用契約書の内容をよく吟味することが必要だと言われました。
そして、残業したことを証明する書類として、タイムカードが必要だと言われました。
幸い、タイムカードを時間通りに押していたので、残業にあたる時間だけ勤務していたと証明できることになりました。

ブラックと言われる企業では、タイムカードを残業を始める前に一度押して時間を偽装するような不正をする場合もあるようです。
こうした風潮は企業ぐるみで行われ、残業代の請求などが行えないようにされてしまっています。
退勤時間がしっかりとタイムカードに残っていたのは、不幸中の幸いとも言えるでしょう。

そして、残業代が支払われていない!と主張するために必要な給料明細書も持参しました。
弁護士さんがこうした資料を見て、請求できると言った時は本当に嬉しく思いました。
その後、内容証明郵便によって残業代の未払い請求を通知し、無事に会社と和解、未払いだった残業代をきちんと払ってもらえることになったのです。

残業代請求のための弁護士相談窓口|千代田中央法律事務所
残業代請求のための弁護士相談窓口|千代田中央法律事務所

top