残業代の未払い請求ガイド

自分の時給を知りませんか? - 残業代の未払い請求ガイド

残業代の未払い請求ガイド > 自分の時給を知りませんか?

自分の時給を知りませんか?

残業代が割り増し賃金で支払われるにあたって、基準となっているのが時給です。
この時給というのがくせ者で、一ヶ月あたりの基本給から時給として算出されているものです。
時給は、基本給があくまで基準となるので、手当として様々な賃金をもらって額面が大きくても、基本給が低くて時給も低い…ということも起こりえます。
実際、多くの企業が「配偶者手当」「児童扶養手当」などのプラスαでの賃金を支給しています。
しかし、あくまで手当であるため、割り増し賃金を計算するための時給としては低いものである可能性があります。

気をつけなければならないのは、「時間外手当」という手当です。
「役職時間外」などの手当は、役職についている立場の人がもらえたりします。
ここで気をつけなければならないのは、あくまで手当であり、割り増し賃金の計算には換算されていないという点です。
また、役職時間外手当が出るおかげで通常の時間外手当が出ないという場合が多く存在します。
残業した分の時間外割り増し賃金を、あらかじめ手当の形で支払うというものなので、逆にいうといくら時間外残業をしても手当の上限は決まってしまいます。

また、うちの会社は基本給が安いが各種手当が厚くて福利厚生がしっかりしている、という話を良く聞きます。
住宅手当、などは支払われているととても助かる上に良い制度のような気もしますが、その分給与ではなく手当として計上されているということになり、時間外勤務をしたときの自分の時給が低いという事になります。
手当として支払う分があれば、基本給を上げる事もできるはずなので、労働者としては損をしているかもしれないのです。

残業代請求のための弁護士相談窓口|千代田中央法律事務所
残業代請求のための弁護士相談窓口|千代田中央法律事務所

top