死亡事故後の流れ - 死亡事故を起こしてしまったら・・・

死亡事故後の流れ

死亡事故を起こしてしまった場合、その後の流れとしてまずは自動車運転過失致死罪などの罪で逮捕されます。
その後警察での取調べとなりますが、逃亡や証拠隠滅の恐れがないと見なされれば比較的早くに解放され、在宅で捜査が行われることがあります。
警察の捜査で事故の原因、運転者の落ち度など事実関係を調べた後に送検され、その時点で警察から検察へと事故の取り扱いは移ります。
そして検察官は警察で集められた証拠や調書を元に加害者の処分を決定します。
検察での処分には起訴猶予や嫌疑不十分などからの不起訴処分、罰金刑を求める略式起訴処分、刑事裁判を求める公判請求などがあります。
その後不起訴処分以外は裁判所で、検察が求めた処分を元に裁判官が刑を確定します。

ここまでが刑事裁判、刑事責任の流れとなります。
このほかに民事責任があり、民事裁判がある場合もありますが、民事で裁判をするほどとなると示談交渉が拗れている証拠です。
刑事罰を決める際に示談が成立していると罪が軽くなることが多いですが、民事裁判にまでなっているようでは重くなることはあっても軽くなることはまずありません。

検察での処分の中で不起訴処分というのは罪に問われないので前科がつきません。
人を殺しておいて罪に問われないというのは一見不思議に思えますが、死亡事故での不起訴処分というのは、被害者に落ち度があり加害者には特に落ち度がない場合となります。
加害者の家族は罪には問われないというので安心するでしょうが、加害者本人はやはり人を殺してしまったという思いに苛まれる場合が多いと思います。
このようなことを避けるためにも車を運転する際は常に気を引き締めておくことが重要です。